民法移

世界のどこに住み、どこで働き、人を雇用した場合でも、非常に効率のよい当事務所の移民チームがお手伝いできます。

国際的なクライアント・ベースを持つグローバルな事務所として、当事務所は、海外の人材を雇いたい雇用主、移住を希望する個人、家族と再び共に暮らしたい人々、別の司法管轄区域で住居を構えたり市民権を獲得することで税金対策を図ろうとする人々などが持つ移民関連のニーズを管理するうえで、豊富な経験を有しています。

複数言語に対応する当チームには数十年にわたる経験があり、メンバー達は各々の国において、移民法の方向性を決定するための支援をしてきました。グローバルチームの責任者であるリアーズ H. ジャフリは、20年以上にわたり、成功者であるクライアントたちに助言をしてきました。彼は、常に論文の執筆、世界中での講演など、各方面で活躍しています。英国における移民関連の助言については、英国国境局のポイント制システムの草案作成を支援するなど、フィリップ・バースが豊富な経験に基づき大きな貢献をしています。当所は、香港、シンガポール、イタリアでも強力なサービスを提供できます。

対象が企業か個人かにかかわらず、当チームはお客様のニーズと懸念事項を注意深く聞き、目標を達成するうえで最も効率的な方法について助言します。

当所は、例外的なケースについて独創的な解決策を見出す能力を誇っています。当チームでは、申請書を提出する前に、別のチームの弁護士と密接に協力して「ストレステスト」を行います。稀に申請が却下された場合には、裁判所に上訴します。「米国の移民システムは、世界でも群を抜いて複雑なものとなっています。Withersの任務は、人々がそのシステムを上手く通り抜けるよう導いてゆくことです」とリアーズは語っています。

移民または国籍離脱がより広範なニーズの一部である場合には、事務所内にいる、雇用、銀行および金融、コーポレート、不動産、税務、遺産計画および信託など、関連分野における専門家たちの支援を求められます。全領域にわたるサービスの例としては、成功したカナダのビジネスマンからの依頼が挙げられます。この方は、息子がフォーミュラ1でのキャリアを目指すため、家族をヨーロッパに移住させようとしていました。長年にわたり、カー・レースに関連する多くのステークホルダーの代理を務めた経験があるアジアのコーポレート責任者アンソニー・インダイモは、このプロセスを支援するための戦略を考え、チームを結成しました。当所は、国の選択について助言し、首尾よくビザの申請を提出し、彼らができるだけスムーズに新しい家に移動できるよう手配しました。さらにアンソニーは、この家族にバーニー・エクレストンを始めとするフォーミュラ1の関係者を紹介しました。このクライアントの息子がルノー・スポーツF1のテスト・ドライバーに選ばれた時には、共に大喜びしました。