塩川 純子 Junko Pitt (Shiokawa)

パートナー

塩川 純子は、コーポレートチームのパートナーです。

塩川弁護士は、日本及び他のアジア諸国の金融機関及び資産運用会社によるプライベートエクイティファンド及びヘッジファンドを含む各種ファンドの組成及び設立のリードカウンセルとしての豊富な経験を有します。また、香港における新規株式公開並びに公開及び非公開会社の資金調達取引を含む数々のコーポレート案件も取り扱ってきました。また、クロスボーダーの相続対策や離婚問題等、日本の個人クライアントからの依頼にも力を入れています。

塩川弁護士は、長島・大野法律事務所(現長島・大野・常松法律事務所)で日本の弁護士としてのキャリアをスタートしました。ウィザーズ入所前は、ケイマン諸島及び英領バージン諸島法を扱う大手オフショア法律事務所に8年以上勤務し、オフショア法律業界で初の日本人パートナーとなりました。オフショア法律業界に移る前は、バークレイズ・キャピタル証券株式会社法務部ディレクターを務め、サリヴァン・アンド・クロムウェル法律事務所ニューヨーク・東京オフィス及び欧州復興開発銀行のロンドン本部で勤務しました。

資格・登録

出版物

講演・セミナー

弁護士, 1995

ニューヨーク州弁護士, 2002

「オフショア法律講座」,『国際商事法務』2011年2月号,一般社団法人国際商事法研究所

「オフショア法律講座-香港オフショア上場」,『国際商事法務』2011年3月及び9月号,一般社団法人国際商事法研究所

2018年2月、バンクオブニューヨークメロンオフショアセミナー「ケイマン籍ファンド」(東京)

2016年12月、セミナーインフォ「ケイマン諸島ファンドの法規制及び実務」(東京)

2016年12月、ニッポン・ウェルス・リミテッド「オフショア信託について」(香港)

学歴


言語


  • 英語
  • 日本語

年度


入社加入

2018