Toshikazu Sakai (酒井 俊和)

スペシャル・カウンセル|東京

酒井俊和は、不動産チームのスペシャル・カウンセルです。

各種の(i)金融取引(不動産証券化及びその他のアセット・ファイナンス、シンジケート・ローン及びその他の銀行取引、プロジェクト・ファイナンス。クロスボーダー・ファイナンスを含む。)、(ii)金融規制(金融商品取引法、キャピタル・マーケット、銀行法、信託業法及び貸金業法を含む。)、(iii)資産運用(各種投資ファンドの設立及び勧誘、信託、並びにこれらに関係する金融規制を含む。)、並びに(iv)これらの取引に関連する倒産、財務リストラクチャリング及び紛争処理の経験を有しています。

ウィザーズ入所前は、日本の複数の大手法律事務所での勤務経験があります。

資格・登録

著書・論文

講演・セミナー

日本、1999年

「ファイナンス法の基礎」(全5回連載)(BUSINESS LAWYERS、2017年)

「実務 Q&A」(全10テーマ)(BUSINESS LAWYERS、2017-2018年)

『ファイナンス法-金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス』(商事法務、2016年)

「企業法展開特殊講義I:コーポレートファイナンスの理論と実務」(全15回講義)成蹊大学法科大学院(2018年4月 – 9月)

「外国籍私募ファンドの法務と最新動向―各種ファンドの組成・販売・運用に関する法規制の全体像」日本CFA協会セミナー(2017年4月21日)

「パネルディスカッション: 世界と国内の規制の最新事情:日本と世界が抱える新たな課題」金融規制ジャパン・サミット2017(2017年3月8日)

学歴


言語


  • 英語
  • 日本語

日付


入社加入

2020

チーム紹介